筋肉量をつけてパワーを伸ばすの情報ページ

筋肉量をつけてパワーを伸ばす

筋肉量

野球選手でも特にメジャーリーグの選手は体つきがゴツイという感じです。やはり筋肉量が非常に多くパワフルです。日本でも筋力トレーニングなども行われていますが、海外のMBLの選手は個人でパーソナルトレーナーを雇ってさらに筋トレをしているそうです。

 

日本でも行われていますが、特にパワーヒッターの体つきがユニフォームを通してもすぐにわかります。ポジションごとに体つきは全く違いますが、パワーが必要になってきている時代でもあるかもしれません。

 

ジャイアンツの選手もそうですが、東京ではよくゴールドジムとかでも筋トレをしているそうですね。脂肪量を落とすとその分体重は軽くなるので軽快な体つきになりますから、ダイエットしたほうが良いのかな?と思う選手はテレビなどを通しているかもしれません。しかし筋肉量を付けるときはあまり絞りすぎると筋肉量がつかないので、筋肉量を付けるときは脂肪もつけていくほうが筋肉はつきやすいです。

 

そのあとに絞っていく感じですが、スピードが問われないポジションであるのであれば脂肪燃焼とかよりも筋肉量を増やしてバッティングに生かせるようなファンクショナルな動きをどんどん取り入れていくほうがよいでしょう。

 

スピードを強化するときはダイエットとか体重を軽くしたほうが有利ではありますが、体重が重い人でも足が速い人はいるように速筋を鍛えてあげるほうがより速さはましてくるので、速さをより付けるという場合には体重が増大するというリスクは良くはないですが、筋肉量が増えると体重が重くなる弊害は少しスピードの場合は薄れてきます。

クエン酸は疲労回復に良いと言われてきましたし、昔からお酢が夏場には疲労回復に良いとも言われていました。お酢にはクエン酸も豊富だしアミノ酸も多いんですね。特に夏の...

疲労回復には乳酸を除去した方が良いと言われてきましたが、実は乳酸は疲労物質ではなくエネルギー源の役割を果たしている事が分かっています。異国料理などの中にはスパイ...

女性の方にとっては、非常に多くの方が悩んでいるといわれているのが冷え性だと思います。男性でもたまにいますが、とくに血流が悪くなると老廃物とかたまりやすくなるので...

血管には毛細血管や動脈、静脈があります。とくに無数にある毛細血管は筋肉中に多く存在し、皮膚などにも栄養や酸素を送っています。筋肉が硬くなったり運動しなくなったり...

ダイエットの成功率って考えたことがないのですが、実際はダイエットに成功している人はやはり20パーセント行けば良いと思いますが、一回痩せてまたリバウンドしてしまっ...

特に通常のにんにくと違うところは熟成してあるので有効成分の分子量が小さくなっているため吸収しやすいという特徴がありますが、にんにくはパワーがつくスタミナ食の調味...

女性の方において共通した悩みとしましては、便秘になりがちでしてなかなかお腹がすっきりしないとか或いは宿便などの影響からか肌が荒れ気味になるなどの困り事を抱える方...

腸の働きを高めることとしては運動がありますが、運動でも質がかなり便秘対策では大切です。ただ運動というとウォーキングとかになりますが、体にはアウターマッスルとイン...

▲筋肉量をつけてパワーを伸ばす 上へ戻る

筋肉量をつけてパワーを伸ばす 先頭へ戻る