持久力をあげて脂肪燃焼もスムーズにしようの情報ページ

持久力をあげて脂肪燃焼もスムーズにしよう

持久力

ヨーロッパにおけるサッカーは、組織的なレベルが高く、さらに身体的な能力も申し分なく、日本の、いや世界のサッカーファンを楽しませてくれますよね。ただ、ロシア代表サッカーは、ワールドカップで優勝していると言う事も無いですし、過去の成績においては、必ずしも物凄いものであると言う事は無いです。

 

ただ、それは、身体能力や技術が劣っていると言うわけではなく、ソ連が誕生したり、崩壊するなど、歴史に翻弄されている部分も多いです。さらに、ロシア代表サッカーに外国人監督を受け入れたのが2006年と、異国の技術や文化を受け入れるのも、遅くなったと言う経緯もあります。

 

ですから、2008年のユーロ大会で上位に食い込んだり、ソ連崩壊後の不景気から回復し、国内リーグのレベルも国外の優秀な選手を取り入れるなどによって上がっていて、本当にこれからの活躍に期待が持てます。ワールドカップは、ヨーロッパ予選のレベルが高いので、2010年も12年も出場は叶いませんでしたが、近いうちにそのプレイが見られるでしょう。

 

サッカーは持久力と瞬発力の両方が必要なスポーツです。ですので速筋と遅筋のバランスが非常に大切なのですが、持久力が高い場合にはやはり筋肉が多く脂肪が少ないので体脂肪率は低めです。特に運動量が多い選手は太っている選手は見かけないと思います。

 

サッカーはずっと走っているわけでもないですし、試合時間は90分あるので、有酸素運動の時間も細切れですが、十分あります。なので脂肪燃焼している時間がながいのでダイエットの必要というのはサッカー選手だけでなくサッカーが趣味で結構週に何回かやっている人はする必要がないかもしれません。

 

そして持久力が高いのでスタミナがあります。持久力が高いと有酸素運動から無酸素運動に切り替わる閾値が高いので一般人に比べると運動強度が高くても有酸素運動であることが考えられます。通常無酸素運動レベルでも有酸素運動レベルなので非常に太りにくいとも言えるでしょう。

 

このように脂肪燃焼でも有酸素運動でありがちな運動強度をずっと続けていくのではなく、体力やスタミナを付けることで有酸素運動の閾値をあげる事ができるので両方組み合わせて脂肪燃焼していってくださいね。

クエン酸は疲労回復に良いと言われてきましたし、昔からお酢が夏場には疲労回復に良いとも言われていました。お酢にはクエン酸も豊富だしアミノ酸も多いんですね。特に夏の...

疲労回復には乳酸を除去した方が良いと言われてきましたが、実は乳酸は疲労物質ではなくエネルギー源の役割を果たしている事が分かっています。異国料理などの中にはスパイ...

女性の方にとっては、非常に多くの方が悩んでいるといわれているのが冷え性だと思います。男性でもたまにいますが、とくに血流が悪くなると老廃物とかたまりやすくなるので...

血管には毛細血管や動脈、静脈があります。とくに無数にある毛細血管は筋肉中に多く存在し、皮膚などにも栄養や酸素を送っています。筋肉が硬くなったり運動しなくなったり...

女性の方において共通した悩みとしましては、便秘になりがちでしてなかなかお腹がすっきりしないとか或いは宿便などの影響からか肌が荒れ気味になるなどの困り事を抱える方...

腸の働きを高めることとしては運動がありますが、運動でも質がかなり便秘対策では大切です。ただ運動というとウォーキングとかになりますが、体にはアウターマッスルとイン...

▲持久力をあげて脂肪燃焼もスムーズにしよう 上へ戻る

持久力をあげて脂肪燃焼もスムーズにしよう 先頭へ戻る